生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。
〜生命保険文化センターは2016年1月に設立40周年を迎えました〜

熊本地震により被災された皆様へ

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > 生活基盤の安定を図る生活設計 > 家計・資産形成 > どんな金融資産をどれくらい保有している?

どんな金融資産をどれくらい保有している?

2人以上世帯の平均保有額は1,151万円、中央値は380万円

金融広報中央委員会が実施した調査によると、金融資産の平均保有額は単身世帯942万円、2人以上世帯1,151万円、中央値※は単身世帯32万円、2人以上世帯380万円となっています。

種類別にみると、単身世帯は「預貯金」が最も多く全体の5割近くを占め、次いで「株式」、「投資信託」となっています。一方、2人以上世帯でも「預貯金」が5割以上と最も多く、以下「生命保険」、「株式」となっています。

※中央値とは、調査対象世帯を保有額の少ない順(あるいは多い順)に並べたとき、中位(真ん中)に位置する世帯の金融資産保有額のこと。

1世帯あたり種類別金融商品保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)

※横にスクロールできます。

(単位:万円、()内は%)
   
中央値
金融資産保有額
 
金銭信託

貸付信託
生命保険
損害保険
個人年金保険
債券
株式
投資信託
財形貯蓄
その他金融商品
預貯金
うち定期性預貯金
単身世帯 942 446 236 5 62 8 62 64 177 84 17 17 32
2人以上の世帯
(構成割合)
1,151
 
623
(54.1)
338
-
7
(0.6)
192
(16.7)
23
(2.0)
68
(5.9)
35
(3.0)
102
(8.9)
70
(6.1)
22
(1.9)
9
(0.8)
380
 
世帯主の
年齢別
20歳代 321 239 47 0 42 5 15 1 12 0 5 2 77
30歳代 470 262 63 4 105 7 21 5 23 22 13 8 200
40歳代 643 331 133 2 144 8 43 13 41 22 34 5 220
50歳代 1,113 515 243 1 235 18 113 30 105 47 48 1 400
60歳代 1,411 769 454 9 239 32 99 57 98 82 15 11 601
70歳以上 1,768 1,029 640 16 207 38 48 52 208 148 5 17 600

注:

1. 金融資産には、外貨建金融商品を含む。

2. 「生命保険」、「損害保険」は、これまでに払い込んだ保険料の総額。ただし、既に給付を受けた分や掛捨ての保険、年金型商品は除く。

3. 「個人年金保険」は、これまでに積み立てた掛金の総額。ただし、既に給付を受けた分や公的年金、確定拠出年金の掛金を除く。

4. 「債券」、「株式」、「投資信託」は時価。「株式」には従業員持株制度による株式を含む。

5. 「その他金融商品」は金貯蓄口座、オプション取引や先物取引などの金融派生商品。

<金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」/平成29年>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ