トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > 生活基盤の安定を図る生活設計 > 家計・資産形成 > どんな金融資産をどれくらい保有している?

どんな金融資産をどれくらい保有している?

2人以上世帯の平均保有額は1,209万円、中央値は400万円

金融広報中央委員会が実施した調査によると、金融資産の平均保有額は単身世帯773万円、2人以上世帯1,209万円、中央値※は単身世帯20万円、2人以上世帯400万円となっています。

種類別にみると、1位は単身世帯、2人以上世帯ともに「預貯金」で単身世帯は全体の5割近く、2人以上世帯は全体の5割以上を占めています。2位は単身世帯が「株式」、2人以上世帯が「生命保険」、3位は単身世帯が「投資信託」、2人以上世帯が「株式」となっています。

※中央値とは、調査対象世帯を保有額の少ない順(あるいは多い順)に並べたとき、中位(真ん中)に位置する世帯の金融資産保有額のこと。

1世帯あたり種類別金融商品保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)

(単位:万円)
   
中央値
金融資産保有額
 
金銭信託

貸付信託
生命保険
損害保険
個人年金保険
債券
株式
投資信託
財形貯蓄
その他金融商品
預貯金
うち定期性預貯金
単身世帯 773 374 214 4 70 5 55 25 128 84 13 15 20
2人以上の世帯 1,209 643 392 12 204 30 71 21 108 85 26 9 400
世帯主の
年齢別
20歳代 189 133 61 0 28 3 6 0 5 6 8 0 68
30歳代 494 258 76 1 104 7 13 4 15 70 20 2 213
40歳代 594 284 125 6 136 13 46 2 35 28 32 12 200
50歳代 1,325 583 352 4 301 41 108 9 143 72 48 16 501
60歳代 1,664 907 607 21 259 46 117 33 133 117 26 5 770
70歳以上 1,618 973 626 19 188 32 45 47 170 126 7 11 590

注:

1. 金融資産には、外貨建金融商品を含む。

2. 「生命保険」、「損害保険」は、これまでに払い込んだ保険料の総額。ただし、既に給付を受けた分や掛捨ての保険、年金型商品は除く。

3. 「個人年金保険」は、これまでに積み立てた掛金の総額。ただし、既に給付を受けた分や公的年金、確定拠出年金の掛金を除く。

4. 「債券」、「株式」、「投資信託」は時価。「株式」には従業員持株制度による株式を含む。

5. 「その他金融商品」は金貯蓄口座、オプション取引や先物取引などの金融派生商品。

<金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」/平成27年>


金融商品保有額の種類別構成比(2人以上世帯)

金融資産保有額の種類別構成比 預貯金 53.2%、金銭信託・貸付信託 1.0%、生命保険 16.9%、損害保険 2.5%、個人年金保険 5.9%、債券 1.7%、株式 8.9%、投資信託 7.0%、財形貯蓄 2.2%、その他 0.7%

<金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」/平成27年>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ