「くらしと保険」2005年度から2003年度
 
  2005年度 NO.356 特集「情報」  
      情報を整理せずに済ます方法
        野口悠紀雄  早稲田大学大学院 教授  
      情報の力で防ぐ消費者トラブル-消費者教育の充実で意識を変えよう-
         藤井教子  (社)全国消費生活相談員協会 理事長  
  2004年度 NO.355 特集「金融に関する消費者教育」  
      金融に関する消費者教育 学校における金融教育の現状と課題
        阿部信太郎  城西国際大学 経営情報学部 専任講師  
      「こんなお金の使い方、金銭感覚で子どもの心は育つのだろうか?」
素朴な疑問からスタートして現在メンバーは50人、小学校低学年から高齢者、情報弱者に消費者教育を実践
        大森節子  C・キッズ・ネットワーク 代表  
  2004年度 NO.354 特集「くらし再考」  
      【教育】 大学はドラスティックに変化する
        諸星 裕  桜美林大学副学長・大学院教授  
      【国際化】 世界レベルのオペラハウスにするために
        トーマス・ノヴォラツスキー  新国立劇場 オペラ部門芸術監督  
      【情報】 「情報」に含まれる「常識」に注意しよう
        池上 彰 NHKキャスター  
      【環境】 「豊かさ」に忍び寄る危機に備えよう
        加藤 三郎  環境文明研究所所長  
      【高齢社会】 頑張れお年寄り、もっと話してほしい
        石坂 啓  漫画家  
  2004年度 NO.353 特集「いまどきの中高年世代の人生観」  
      女性の地位の違いが日本との差 -フランスに見る中高年世代の現状-
        風間 研  法政大学教授  
      家族観の多様化と、ジェンダー家族
        編集部  
      キャリアウーマンからあえてシングル志向へ
        編集部  
  2003年度 NO.352 特集「快適な老後生活をおくるための提案」  
      探求ひとすじ、理想のスキーはまだまだ……
        三浦敬三  99歳のフリースキーヤー  
      高齢社会にネットで情報提供
-http://genkigaderu.net<元気が出るページ>を始めて5年-
        村上芳信  
  2003年度 NO.351 特集 サラリーマンの 生き方 -企業と個人の関係を探る-   
      「おいしい生活」と企業福祉
        永野俊雄  中央学院大学商学部講師  
      【局アナからフリーへ】
サラリーマン時代の福利厚生の恩恵は、趣味以上の好きなことで補う
        宮川俊二  キャスター  
      商工会議所が提供する福利厚生代行システム -CLUB CCI<バフェプラン>-
        CLUB CCI<バフェプラン>  
  2003年度 NO.350 特集「既婚女性にとっての家庭と仕事」  
      真剣に子どもと向き合うことが私の子育て
-育児と両立、仕事の幅も以前より増えて順風満帆-
        蓮 舫  キャスター  
      山あり谷ありの事業も、自分のために仕事してきた
-親の仕事に対する真摯な姿勢が子どもを育てる-
        大谷陽子  工房ごろろんき   インテリアプランナー  
  2003年度 NO.349 特集「くらしと生きがい」  
      チームへの貢献が自分の生きがい
        古葉竹識  元広島東洋カープ・横浜大洋ホエールズ監督  
      くらしと生きがい 生きがいらしきもの
        永倉有子  作家  
  2003年度 NO.348 特集「くらしと健康」  
      (1)体力づくり編
今日から実行できる体力づくりのABC -その実践的アドバイス-
        関口 脩  日本体育大学トレーニング方法研究室 教授  
      (2)栄養と食事編 健康に過ごすための毎日の食生活
        井上 八重子  株式会社えいよう塾代表 管理栄養士  
 
JL生命保険文化センター
閉じる