エッセイindexへ
Web.8
こんなはずじゃなかった
  いつからか、私は波乱万丈な人生を歩むようになってしまっていました。
  埼玉県のごく普通のサラリーマン家庭の3人兄弟の末っ子として育ちました。大手商社で普通のOLをしていました。転機は25歳、商社を辞めた時にやってきました。そして、波乱万丈な人生は29歳、離婚した時からはじまり、大変な30代をむかえたのでした。

  27歳で結婚しましたが29歳で突然の離婚。32歳で母の病死。36歳で父の病死。まさか、30代で両親を亡くすという経験をするとは思ってもみなかったのです。しかし、それだけでは終わりませんでした。

  36歳に未婚で妊娠。まさに「こんなはずじゃなかった」。私が子供を出産するなんて……。
  当時は、フリーで作家活動をしていました。35歳でお付き合いした男性は20歳以上も年上。人生の先輩としてすごく尊敬していたし、いい影響も受けました。しかし、彼は結婚対象ではありませんでした。一緒に生活することとお付き合いは違うと、この時に感じました。当時はまだ「負け犬」という言葉が流行していなかったのですが、まさに負け犬人生の王道を選択していました。彼はいるけど、結婚したくない。自立し、仕事中心で頑張るぞ〜!と意気揚々と過ごしていた毎日。そんなときに発覚した妊娠。元々、子供好きではなく、オムツ替えもしたことがありませんでした。電車などで子供の泣き声が嫌だったくらいでした。そんな私が妊娠です。もちろん、相手は当時お付き合いしていた彼。
出産直後の写真
●出産直後の写真。
  すごく幸せそうな顔をしています。
  さて、産むのかどうするのか??? 実は悩むことなく「この子を産む」という気持ちが沸いてきたのです。今となっては不思議です。年齢的なこと。父を亡くした直後だったこと。などの要素がかみあって、「ひとりで産んでみる」という未婚の母の決意は思ったよりすぐに受け入れることができました。娘がお腹にいた時に「この子は母の生まれ変わりでは?」と感じ、女の子とわかった時には「やっぱり」と思ったくらいです。
七五三
●左が私の7歳の時、右が娘が3歳の時の七五三。実は同じ着物を着ています。
  今では娘なくしては、私の新たな人生は考えられません。仕事の幅は広がり、母親の気持ちを理解できることで考え方も変わり、子育てを通して、社会が見えてきました。8年前から取材を続けている「小学校受験」のお受験ジャーナリストとしての仕事も、娘を通すことによって、さらに詳しく掘り下げることができました。本当に娘が私を生かしてくれているのでは?と思う、毎日が感謝の日々なのです。

  30代の10年間に、いろいろ体験した「こんなはずじゃなかった」の繰り返しの人生は、私に大切な友人やどん底にいたからこそ気づくことができる大切な考え方など、いろいろなことを与えてくれました。40代はこの経験をいい形で提供していく時期にきているのだと実感しています。
 
Profile
末木佐知
末木佐知[すえき・さち]
作家 ・お受験ジャーナリスト
1964年 神奈川県生まれ。
作家 ・お受験ジャーナリスト。
学習院女子短大卒業後、三菱商事に入社。在職中に人脈を広げ退社後に一流企業OL500人以上をとりまとめ「丸の内OL研究所」設立。女性のネットワークを構築する。自らも結婚・離婚・起業・廃業などの経験することによって、マスコミなどに情報を発信している。
1997〜2003年 古館プロジェクトに在籍。構成作家、番組アドバイザーとして、テレビ関連で情報発信を主とする。
2001年には未婚で女児を出産し、未婚ママ&シングルマザー&保育園児ママとして新たな展開を見せている。
執筆活動、企画、講演などで『子育て〜女性問題』まで幅広く活躍中。

会社 FUTURECHOICE HP
http://www.futurechoice.jp/index.html

末木佐知ブログ
http://sueki.livedoor.biz/

主な著書
「僕の選んだ会社 良いとこ悪いとこ」(草思社)
「東京いい店五つ星トイレ」(スコラ社) 「シングルアゲイン」(アース出版社)
「1億2千万人のお受験」(アミューズブックス)
「お受験するかしないか決断できる本」(戎光祥出版)
「0歳からの未来設計」(ソフトバンクパブリッシング)
「お受験ナビ」(戎光祥出版)  
「欲張りで幸せなきっかけの生かし方」(ぜんにち出版)
発行/(財)生命保険文化センター