生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。
〜生命保険文化センターは2016年1月に設立40周年を迎えました〜
地震・台風・大雨等の災害により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

被災された皆様へ

トップ > 生命保険を知る・学ぶ > 生命保険Q&A > 税金に関するQ&A > Q.死亡保険金が相続税の対象となる場合、必ず税金を負担するの?

税金に関するQ&A

Q.死亡保険金が相続税の対象となる場合、必ず税金を負担するの?

A

契約者と被保険者が同一人の場合、死亡保険金は相続税の課税対象となりますが、必ず税金がかかるというわけではありません。まず、相続人が保険金を受け取る場合に限り、保険金のうち一定の金額までが非課税となります。

生命保険の非課税金額

「500万円×法定相続人数」
なお、非課税金額計算上の法定相続人数には相続を放棄した者も含まれます。
ただし、相続放棄をした者が保険金を受け取る場合は、その者は相続人とみなされ ませんので非課税金額の適用を受けることはできません。

また、相続税には基礎控除がありますので、保険金を含めた遺産の金額(非課税金額や債務控除額を差し引いた後の金額)が基礎控除の範囲内であれば、相続税はかかりません。

相続税の基礎控除額

3,000万円+600万円×法定相続人数

なお、配偶者が相続する分については、税額が軽減される制度が設けられています。

配偶者の税額軽減

配偶者の相続税額から、次の算式で計算した額が控除されます。

したがって、配偶者については1億6,000万円までは実質非課税であり、1億6,000万円を超えていても、法定相続分の範囲内であれば非課税となります。

関連項目

「税金に関するQ&A」一覧のページへ

このページの感想をお聞かせください。

この回答で解決できましたか?

回答はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ