生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > 生命保険を知る・学ぶ > 生命保険Q&A > 生命保険に関するQ&A > Q.失効した保険契約はもとに戻せるの?

生命保険に関するQ&A

Q.失効した保険契約はもとに戻せるの?

A.「復活」により戻せる場合がある

「復活」という制度を利用して、もとに戻すことができます。これは、一度失効した契約を再び有効にする制度で、失効しても3年以内など所定の期間内であれば、契約者の申し出により、失効していた期間の保険料を払い込むことで、復活することができます(延滞利息の払込みが必要な生命保険会社もあります)。

ただし、あらためて健康状態などについて告知または診査を受ける必要があるため、その結果によっては復活できない場合があります。

復活は以前の契約をもとの状態に戻すわけですから、保険料や契約内容は失効する前と同じです。ただし、復活した場合の保障は復活日から始まるため、失効期間中の病気やケガなどは保障されません。

なお、解約した場合は復活することができませんので、十分注意してください。

※復活を取り扱わない生命保険会社もあります。

「生命保険に関するQ&A」一覧のページへ

このページの感想をお聞かせください。

この回答で解決できましたか?

回答はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ