生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

終身保険

終身保険は、一般的には一定額の死亡・高度障害保障が一生涯続くものとして販売されています。
定期保険と同様、死亡または高度障害のときに死亡・高度障害保険金を受け取れます。満期保険金はありませんが、長期継続すると蓄積部分が増えていきます。
保険料の払込期間には、「有期払込」、「終身払込」、「一時払」の3つのタイプがあります。

保険料払込期間のタイプ

保険料払込期間には、次の3つのタイプがあります。

(1)有期払込タイプ

保険料の払い込みが一定期間または一定年齢で満了するタイプ

(2)終身払込タイプ

保険料を一生涯払い込むタイプ

(3)一時払タイプ

保険料を一時(契約時)に払い込むタイプ

<その他>

  • 終身保険に各種の特約を付加することにより、死亡・高度障害保障と合わせて医療保障や介護保障などの準備を行うことができます。
    ※付加できる特約は、生命保険会社によって異なります。
  • 保険料払込期間満了(終身払込タイプの場合は、所定の金額を払い込むことにより保険料払込満了状態にすることができる)時に保障内容を変更できます。
    保障内容の変更と対応方法「所定の時期に保障内容を変更できるケース」のページへ

こんなタイプの終身保険もあります

積立利率変動型終身保険
「積立利率変動型」「利回り変動型」など会社によって名称が異なります。
加入時だけではなく、加入後も市場金利の変動に合わせて、一定期間ごと(1カ月ごとなど)に積立利率の見直しが行われます。
積立利率には最低保証があり、加入時の死亡・高度障害保険金額は保証されています。
積立利率が最低保証を上回れば、それにあわせて、死亡・高度障害保険金や解約返戻金などが増加します。
※積立利率とは、将来の保険金支払いに備えて積み立てている部分に付利する利率です。
積立型終身保険
保険料払込期間中の死亡・高度障害保険金を低く設定することで、保険料を安くしています。保険金額は経過期間に応じて増えていきます。保険料払込期間満了後の保険金額は、一定になります。
低解約返戻金型終身保険
低解約返戻期間を設け、その期間の解約返戻金を低く設定することで、保険料を安くしています。
低解約返戻期間は、保険料払込期間中とするものが多くなっていますが、保険期間(終身)としているものや、所定の範囲内で年数を選択できるものなどもあります。
無選択型終身保険
通常、生命保険に加入する際には、健康状態などに関する告知または医師による診査が必要ですが、無選択型終身保険では告知や医師による診査は必要ありません。
一定期間内(「契約後2年間」など)に疾病により死亡した場合は、死亡保険金ではなく既に払い込んだ保険料相当額が支払われます。なお、災害死亡の場合は、加入当初から災害死亡保険金が支払われます。
限定告知型終身保険
加療中・病歴のある場合でも、所定の範囲内であれば加入できる終身保険です。医師の診査はなく、告知項目は限定されていて簡易なものになっています。
一定期間内(「契約後2年間」など)に疾病により死亡した場合は、死亡保険金ではなく既に払い込んだ保険料相当額が支払われるタイプのものと、死亡保険金額が半額になるタイプのものがあります。なお、災害死亡の場合は、加入当初から死亡保険金が支払われます。
米国ドル建終身保険
米ドルで保険料を払い込み、米ドルで保険金や解約返戻金などを受け取る終身保険です。
円換算特約で、円と米ドルの換算ができますが、為替リスクは契約者または受取人に帰属します。
なお、通常、外貨と円の換算の際には為替手数料がかかります。為替リスクに加えて、為替手数料が発生するかどうかも事前に把握しておくことが大切です。
※外貨建て生命保険を契約する場合、商品の仕組み(為替の変動によって将来受け取る保険金などの額がどのように変動するのか等)について、生命保険会社は書面を用いて説明することになっています。
生存給付金(祝金)付タイプ
一生涯の死亡・高度障害保障に加えて、生存していれば一定期間が経過するごと(5年ごと、10年ごとなど)に生存給付金を受け取れます。
連生終身保険
被保険者を複数(夫婦や家族など)とした終身保険です。それぞれの被保険者が死亡または高度障害になるごとに死亡・高度障害保険金を受け取れるタイプ、いずれかの被保険者が死亡または高度障害のときに死亡・高度障害保険金を受け取れ、契約が消滅するタイプなどがあります。

※資金を積み立てる機能を持つ利率変動型積立終身保険に、死亡・高度障害保障や医療保障などの保障機能に重点を置いた保険を自由に組み合わせることによって総合保障型となる商品を取り扱っている生命保険会社もあります。
生命保険Q&A 「自由設計ができる保険ってどんな保険?...」のページへ

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容はお役に立ちましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ