生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

変額個人年金保険-保険料払込方法のタイプ

保険料の払込方法には次の2つのタイプがあります。

(1)積立型

保険料を一定期間にわたって払い込んでいく方法です。

(2)一時払型

保険料を一時(契約時)に払い込んでしまう方法です。

<その他>

  • 保険料払込期間中または年金開始前に万一の場合、遺族は死亡給付金を受け取れます。死亡給付金は運用実績によって増減します。払込保険料相当額を最低保証するものが多くなっていますが、死亡時点の積立金に一定割合の上乗せをして支払うものなど最低保証がないものもあります。
  • 特別勘定の運用対象については、生命保険会社によって、数種類(日本株式型、世界株式型、日本債券型、世界債券型など)の中から1つまたは複数、自由に選択できる場合と、生命保険会社に一任して選択できない場合とがあります。

参考:商品内容のいろいろ「変額個人年金保険」のページへ

「年金受取期間のタイプ」の詳細ページへ

「年金受取開始後の年金額の形態」の詳細ページへ

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容はお役に立ちましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ