生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

変額個人年金保険-年金受取開始後の年金額の形態

毎年受け取る年金額については、加入時より特別勘定で行ってきた運用を年金受取開始後に一般勘定に切り替えるか、引き続き特別勘定で行うかによって、次の2つのタイプがあります。

(1)固定型

年金受取開始後の年金原資の運用を一般勘定に切り替えて行い、年金額を固定させるタイプです。毎年受け取る年金額は、年金受取開始時点の年金原資の額によって決まりますが、全期間にわたって定額となります。

※保証期間中は第1回年金年額と同額の年金が受け取れ、保証期間経過後は受け取る年金額が毎年一定額ずつ増えていくタイプを取り扱う生命保険会社もあります。

(2)変動型

年金受取開始後の年金原資の運用も特別勘定で行い、毎年受け取る年金額が増減するタイプです。

(10年確定年金、一時払、変動型の例)

参考:商品内容のいろいろ「変額個人年金保険」のページへ

「年金受取期間のタイプ」の詳細ページへ

「保険料払込方法のタイプ」の詳細ページへ

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容はお役に立ちましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ