生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

定期保険-死亡・高度障害保険金の形態

受け取る死亡・高度障害保険金の形態には次のようなタイプがあります。

(1)一時金タイプ

死亡・高度障害保険金を一時金で受け取るタイプです。
金額の変動により、さらに3つのタイプがあります。

<1>定額型

保険期間中のいつ死亡または高度障害になっても定額の死亡・高度障害保険金額を受け取れます。

<2>逓増型

保険期間の経過とともに、死亡または高度障害のときに受け取れる死亡・高度障害保険金額が逓増します。(保険料は保険期間中一定)

逓増の仕方には2つのタイプがあります。

ア)毎年、当初保険金額の一定割合ずつ逓増(単利逓増型)
イ)毎年、直前の保険金額の一定割合ずつ逓増(複利逓増型)

<3>逓減型

保険期間の経過とともに、死亡または高度障害のときに受け取れる死亡・高度障害保険金額が逓減します。(保険料は保険期間中一定)

逓減の仕方には2つのタイプがあります。

ア)毎年、当初保険金額の一定割合ずつ逓減(定率逓減型)
イ)一定期間ごとに一定金額ずつ逓減(定額逓減型)

(2)年金タイプ

死亡・高度障害保険金を年金で受け取るタイプです。
年金額の変動により、さらに2つのタイプがあります。

<1>定額型

年金受取期間中、毎年、定額の年金を受け取れます。
年金を受け取る期間により、さらに2つのタイプがあります。

ア)死亡または高度障害のときから保険期間満了時まで年金を受け取れるタイプ

※ 年金を受け取れる回数は、いつ死亡または高度障害状態になったかによって変わります。
また、年金の受取回数には最低保証があります。保険期間満了時までの年金受取回数が最低保証に満たない場合、最低保証分を受け取れます。

イ)保険期間中の死亡時期に関係なく、契約時に定めた回数の年金を受け取れるタイプ

<2>逓増型

年金受取期間の経過とともに、年金年額が逓増します。
年金受取期間のタイプは、「死亡または高度障害のときから保険期間満了時まで年金を受け取れるタイプ」(前記<1>のア)参照)のみです。

逓増の仕方には2つのタイプがあります。

ア)毎年、第一回年金額の一定割合ずつ逓増(単利逓増型)
イ)毎年、前年の年金額の一定割合ずつ逓増(複利逓増型)

参考:商品内容のいろいろ「定期保険」のページへ

「保険期間のタイプ」の詳細ページへ

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容はお役に立ちましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ