生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

特定疾病保障保険

特定疾病である、「ガン」「急性心筋梗塞」「脳卒中」により所定の状態※になったとき、生きているうちに死亡保険金額と同額の特定疾病保険金を受け取れるものです。特定疾病保険金を受け取った時点で、契約は消滅します。
原因にかかわらず死亡または高度障害のときは、死亡・高度障害保険金を受け取れます(特定疾病保険金と死亡・高度障害保険金を重複して受け取れるわけではありません)。満期保険金はありません。
保険期間を限定する「定期保険タイプ」と一生涯保障が続く「終身保険タイプ」があります。
「終身保険タイプ」の保険料の払込期間には、「有期払込」、「終身払込」、「一時払」の3つのタイプがあります。

※所定の状態については、生命保険会社によって異なる場合がありますので、「ご契約のしおり―(定款)・約款」などでよく確認する必要があります。

保険期間・保険料払込期間のタイプ

保険期間・保険料払込期間には次のようなタイプがあります。

(1)定期保険タイプ

保険期間を一定期間または一定年齢までに限定するタイプです。

(2)終身保険タイプ

一生涯保障が続くタイプです。
保険料払込期間により、さらに3つのタイプがあります。

<1>有期払込タイプ

保険料の払い込みが一定期間または一定年齢で満了するタイプです。

<2>終身払込タイプ

保険料を一生涯払い込むタイプです。

<3>一時払タイプ

保険料を一時(契約時)に払い込むタイプです。

<その他>

  • 定期保険タイプには、保険期間満了時、健康状態に関係なく、所定の範囲内で自動更新できるタイプがあります。更新に際しては、その時の年齢や保険料率で新たに保険料が計算されますので、通常は保険料が高くなります。
  • 特定疾病保障保険では、ガンなど病名を本人に告知しない場合などには被保険者本人による保険金請求ができないため、家族が代わって保険金を請求する「指定代理請求人制度」が設けられています。

生前給付タイプの生命保険には特定疾病保障保険のほかにこんなタイプの保険もあります

重度慢性疾患保障保険
重度の慢性疾患(「重度の高血圧症」・「重度の糖尿病」・「肝硬変」など)により所定の状態になったとき、給付金を受け取れます。
重度障害保障保険
14の身体部位(眼、耳、上・下肢、呼吸器、心臓、肝臓など)のいずれかが所定の重度障害状態になったとき、保険金を受け取れます。

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容はお役に立ちましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ