生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生存給付金付定期保険

生存給付金付定期保険は、契約時に定めた保険期間中に死亡または高度障害のときに死亡・高度障害保険金を受け取れ、生存していれば、2年・3年など一定期間が経過するごとに保険期間の途中で生存給付金を受け取れるものです。
満期時にも生存給付金を受け取れます。

死亡・高度障害保険金の形態

保険期間中のいつ死亡または高度障害になっても定額の死亡・高度障害保険金を受け取れます。
保険期間中生存している場合、一定期間が経過するごとに生存給付金を受け取れます。

※生存給付金は、2年ごと、3年ごとに受け取れるものが一般的ですが、生命保険会社によって取り扱いが異なります。

<その他>

  • 生存給付金を受け取らず、利息を付けて据え置くこともできます。
  • 生存給付金付定期保険に各種の特約を付加することにより、死亡・高度障害保障と合わせて医療保障などの準備を行うこともできます。
    ※付加できる特約は、生命保険会社によって異なります。

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容はお役に立ちましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ