生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

個人年金保険-年金受取期間のタイプ

年金を受け取る期間により次のようなタイプがあります。

(1)一生涯タイプ

年金を一生涯受け取れるタイプです。つぎの2つの種類があります。

<1>保証期間付終身年金

保証期間中(一般的には10・15年)は生死に関係なく年金を受け取れ、その後は被保険者が生存している限り終身にわたり年金を受け取れます。保証期間中に被保険者が死亡した場合、遺族は残りの保証期間に対応する年金、または一時金を受け取れます。

(10年保証期間付終身年金の例)

<2>夫婦年金

夫婦いずれかが生存している限り年金を受け取れます。年金受取開始時に夫婦年金を選択または移行することができるものがあります。

 

(2)一定期間タイプ

年金を一定期間受け取れるタイプです。次の3つの種類があります。

<1>確定年金

生死に関係なく契約時に定めた一定期間(一般的には5・10・15年)、年金を受け取れます。年金受取期間中に被保険者が死亡した場合、遺族は残りの期間に対応する年金、または一時金を受け取れます。

(10年確定年金の例)

<2>有期年金

10年、15年などと契約時に定めた年金受取期間中に、被保険者が生存している場合に限り年金を受け取れます。年金受取期間中に被保険者が死亡したときには、既払込保険料相当額または年金原資から既に受け取った年金の合計額を差し引き、残額がある場合には、その残額を一時金で受け取れるものが一般的です。

(10年有期年金の例)

<3>保証期間付有期年金

保証期間中は生死に関係なく年金を受け取れ、その後は契約時に定めた年金受取期間中、被保険者が生存している限り年金を受け取れます。保証期間中に被保険者が死亡した場合、遺族は残りの保証期間に対応する年金、または一時金を受け取れます。

(5年保証期間付10年有期年金の場合)

参考:商品内容のいろいろ「個人年金保険」のページへ

「年金の形態」の詳細ページへ

「保険料払込方法のタイプ」の詳細ページへ

「年金受取開始日前の死亡保障のタイプ」の詳細ページへ

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容はお役に立ちましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ