生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

ガン保険

ガン保険では、ガンで入院・手術をしたときに入院給付金や手術給付金が受け取れるものです。入院給付金や手術給付金の支払いには、日数や回数の制限がありません。そのほか、ガンと診断されたときには診断(治療)給付金を、ガンで死亡したときにはガン死亡保険金を、ガン以外で死亡したときは死亡保険金(給付金)を受け取れるのが一般的です。
契約日から90日または3か月などの待ち期間があり、この期間中にガンと診断されても保障の対象とはならず、契約は無効となります。
保障期間のタイプには「定期型」と「終身型」の2つがあります。なお、満期保険金はありません。
上皮内ガンなど、ガンの種類によっては一部支払いの対象とならない場合や、給付金の額を低くしているものもありますので、「ご契約のしおり―(定款)・約款」などで確認しましょう。

給付金・保険金の形態

受け取る給付金・保険金の形態には次のようなものがあります。

(1)ガン入院給付金

責任開始期(待ち時間が経過し、保障が開始される日)以後の保険期間中に初めてガンと診断されて入院したときに受け取れます。
ガン入院給付金には、医療保険の入院給付金と異なり給付対象となる入院日数の条件がなく、給付日数や回数に制限もありません。したがって、何日間入院しても、何回入院しても入院日数分の入院給付金を受け取れます。
※医療保険の疾病入院給付金については、商品によって5日未満もしくは8日未満などの入院を給付の対象とせず、また、1入院・通算入院について給付日数に制限を設けています。(「医療保険」の項、参照)

(2)ガン手術給付金

責任開始期以後の保険期間中に初めてガンと診断されて手術を受けたとき、手術の種類により、入院給付金日額の一定倍の給付金を受け取れます。手術の回数に制限はありませんので、何回手術を受けても給付金を受け取れます。
一般的に、受け取る給付金額は手術の種類により、入院給付金日額の10倍・20倍・40倍の範囲で定められています。
※ガン手術給付金をガン保険に組み入れず、特約として取り扱う生命保険会社もあります。

(3)ガン診断給付金

責任開始期以後の保険期間中に初めてガンと診断されたときに受け取れます。ガン診断給付金は、保険期間を通じて1回のみ受け取れるものと、複数回受け取れるものがあります。
※ガン診断給付金を組み入れていないタイプのガン保険を取り扱う生命保険会社もあります。また、ガン診断給付金を特約として取り扱う生命保険会社もあります。

(4)その他の給付金

次のような給付金を組み入れたガン保険を取り扱う生命保険会社があります。

<1>退院(在宅)療養給付金

ガン入院給付金を受け取れる入院をし、その後退院したときに受け取れます。
※生命保険会社によって、20日以上継続入院して退院したときに給付を行うなど、取り扱いが異なります。
※退院(在宅)療養給付金を特約として取り扱う生命保険会社もあります。

<2>ガン通院給付金

ガンで所定の期間入院し、退院後通院したときに受け取れます。入院前の通院も給付対象にしている生命保険会社もあります。
※ガン通院給付金を特約として取り扱う生命保険会社もあります。

<3>生存給付金

保険期間中、生存していれば一定期間経過するごとに(5年ごとなど)、あるいは保険期間満了時に生存給付金を受け取れます。

(5)ガン死亡保険金

責任開始期以後の保険期間中、ガンで死亡したときに受け取れます。受け取る保険金の額は、ガン入院給付金日額の100倍、など一般的に少額です。
※ガン死亡保険金を組み入れていないタイプのガン保険を取り扱う生命保険会社もあります。

(6)死亡保険金(給付金)

保険期間中、ガン以外で死亡したときに受け取れます。受け取る給付金の額は、ガン入院給付金日額の10倍、既に払い込んだ保険料相当額、など一般的に少額です。
※死亡保険金(給付金)を組み入れていないタイプのガン保険を取り扱う生命保険会社もあります。

ガンによる高度障害状態時の取り扱い

生命保険会社によって異なりますが、一般的に次の3つのタイプがあります。

  • <1>ガン高度障害保険金(ガン死亡保険金と同額)を受け取り、契約が消滅するタイプ。
  • <2>保険料払込免除となり、契約が継続するタイプ。
  • <3>契約がそのまま継続するタイプ(保険料の払い込みも継続します) 。

ガン以外が原因で高度障害状態に該当したときも、上記と同様の取り扱いになります。(ただし、<1>のタイプで受け取れるのは死亡保険金(給付金)と同額の高度障害保険金(給付金)です)。


保険期間のタイプ

保険期間のタイプには次の2つがあります。

(1)定期型

保険期間があらかじめ一定期間または一定年齢までに定められています。
保険期間が満了したらそのときの健康状態に関係なく自動更新できるタイプがあります。自動更新は最長80歳までというのが一般的です。更新時にはその時の年齢や保険料率で新たに保険料が計算されますので、通常は保険料が高くなります。

(2)終身型

保険期間が一生涯継続します。

<その他>

  • ガン保険に各種の特約を付加することによって、死亡保障や医療保障、あるいはガンへの保障をさらに厚くしたり、女性特有のガンや病気・手術を保障したりすることができます。
    ※付加できる特約は、生命保険会社によって異なります。

こんなタイプのガン保険もあります

女性専用のガン保険
女性を対象に、女性特有のガンに対して幅広く保障します。
限定選択型のガン保険
過去にガンに罹ったことのあるある人でも、ガンの治療を受けてから10年以上経過しており、健康状態などが一定の基準を満たしている場合に、加入できます。

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容はお役に立ちましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ