契約者貸付

契約者貸付とは

契約している生命保険の解約返戻金の一定範囲内で、貸し付けを受けることができます。
一般的に、契約者貸付を受けている間も、保障は変わりなく継続し、配当金を受け取る権利も継続します。
ただし、保険種類などによっては、利用できない場合があります。

貸付手続きと返済について

貸付金の手続きには所定の書類の提出が必要です。また、生命保険会社によっては、自社や提携先のATM・CDから生命保険会社が発行するカードを使って貸付を受けることも可能です。
一般的に貸付金は、その全部または一部をいつでも返済できます。
生命保険会社の窓口への持参、返済案内に同封されている振込用紙を使用した振り込み、ATM・CDからの振り込みなどの方法があります。

契約者貸付の留意点

  • 貸付金には所定の利息(複利)がつきます。貸付利率は契約の時期などにより異なりますが、一般的に予定利率が高い契約は貸付利率も高くなります。
  • 未返済のまま満期を迎えたり、被保険者が死亡したときは、それぞれ満期保険金・死亡保険金から、その元金と利息が差し引かれます。
  • 契約者貸付を受けると、利息は毎年元金に繰り入れられ、元利金は年々膨らみます。
  • 貸付金の元利金が解約返戻金を超えた場合、生命保険会社から通知された金額を所定の期日まで払い込まなかったときは、保険契約は失効します。

その他の引き出し

いわゆる「アカウント型」の保険の積立金や、積立配当金・据置保険金・据置祝金などは保険会社所定の利率で据置くことができ、必要なときに引き出すことができます。(※契約の内容により取扱いができない場合があります。)
これらは生命保険からの借り入れとは異なるので、返済する必要はありません。

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容はお役に立ちましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ