特定疾病保障保険:どんなとき、どんなふうにうけとれる?

特定疾病保障保険TOPどんなとき、どんなふうにうけとれる?STEP2 いつまで保障される?STEP3 こんな点もチェック!

保険金・給付金の種類

保険金・給付金の種類は、「特定疾病保険金」「死亡保険金」「高度障害保険金」の3つがあります。

3つの保険・給付金

特定疾病保険金

  • 「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」により被保険者が会社所定の状態になったとき、特定疾病保険金を受け取れます。
    なお「所定の状態」については、生命保険会社によって異なる場合がありますので、「ご契約のしおり―(定款)・約款」などでよく確認する必要があります。
  • 特定疾病保険金を受け取ると、契約は消滅します。
<特定疾病保険金を受け取れる場合の例>
悪性新生物(がん) 契約後に初めて悪性新生物にかかったと医師によって診断確定されたとき(上皮内がん、皮膚がんは対象外。ただし、皮膚の悪性黒色腫は対象)
急性心筋梗塞 契約後に急性心筋梗塞となり、医師の診断を受けた初診日から60日以上労働が制限される状態が継続したと医師によって診断されたとき(狭心症などは含まれない)
脳卒中
(くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞)
契約後に脳卒中になり、医師の診療を受けた初診日から60日以上、言語障害、運動失調、まひなどの神経学的後遺症が継続したと医師によって診断されたとき
ピッタくんのワンポイントアドバイス

死亡保険金

被保険者が死亡した場合に、保険金を受け取れます。

高度障害保険金

被保険者が会社所定の高度障害状態となった場合に、保険金を受け取れます。
高度障害保険金を受け取ると、契約は消滅します。

保険金の受け取り方、受け取り期間等

保険金は「一時金」で受け取ることができるタイプが一般的です。

特定疾病保障保険TOPどんなとき、どんなふうにうけとれる?STEP2 いつまで保障される?STEP3 こんな点もチェック!