定期保険特約付
終身保険とは?

定期保険特約付終身保険の概要

  • 主契約である終身保険に定期保険特約を組み合わせた保険です。
  • 遺族に対する責任が重い一定時期の死亡保障を厚くした保険です。
  • 定期保険特約の保険期間は一般的に主契約の保険料払込満了時までです。

STEP 1
どんなとき、どんなふうに受け取れる?

保険金・給付金の種類

主契約の終身保険、定期保険特約のいずれも、保険金・給付金の種類は、「死亡保険金」、「高度障害保険金」の2つです。

死亡保険金

被保険者が死亡した場合に、保険金を受け取れます。

高度障害保険金

被保険者が会社所定の高度障害状態になった場合、保険金を受け取れます。
高度障害保険金を受け取ると、契約は消滅します。

保険金の受け取り方、受け取り期間等

  • 主契約の終身保険の受け取り方は、一般的に一時金です。
  • 定期保険特約の受け取り方は、「一時金」「年金」の2つがあります。

※「年金」は、一般的には収入保障特約という名称で販売されています。

一時金

保険期間中、被保険者がどの時点で死亡しても同額の死亡保険金が受け取れる定額型が一般的です。保険料は変わらずに経過年数などに応じて保険金額が増えていく「逓増型」を取り扱っている会社や、逆に保険金額が減っていく「逓減型」を取り扱っている会社があります。

定額型

定期保険特約の保険期間中、保険金額が同額

逓増型

定期保険特約の保険料は変わらずに経過年数などに応じて保険金額が増えていく

逓減型

定期保険特約の保険料は変わらずに経過年数などに応じて保険金額が減っていく

ピッタくんのワンポイントアドバイス

定期保険特約の「逓減型」は、経過年数などに応じて保険金額が減るため、一般的に子どもの成長などに伴い減少する必要保障額に合わせて保障を準備できます。

定期保険特約の「逓増型」や「逓減型」は、それぞれ自動的に保険金額が増加、減少するため、必要保障額と保険金額を定期的に確認することが大切です。

年金(収入保障特約)

  • 被保険者が死亡したとき以後、年金が受け取れます。
  • 契約時に定めた満期まで年金を受け取れるタイプと、受け取り回数が10回などあらかじめ決まっているタイプがあります。
  • 満期まで受け取れるタイプは、いつ死亡するかによって年金を受け取れる回数が変わります。
  • 年金の受取回数には最低保証があります。満期までの間の年金受取回数が最低保証に満たない場合、最低保証分を受け取れます。

STEP 2
いつまで保障される?

保険期間

  • 終身保険部分の保険期間は一生涯です。
  • 定期保険特約部分の保険期間のタイプには、「全期型」と「更新型」の2つがあります。

ピッタくんのワンポイントアドバイス

定期保険特約を付加することができる期間は、終身保険部分の保険料払込期間満了時までです。ただし、保険料払込期間が終身の場合は契約時に定める一定年齢に達するまでとなります。

「更新型」と「全期型」とを比べると、保険金額・保険期間が同じ場合、払込保険料総額は「全期型」の方が安くなります。

「更新型」は、契約当初の保険料が「全期型」に比べ安いため、若くて所得が少ないときなどには、当面の保険料負担を抑えて必要な保障を準備することができます。

全期型

定期保険特約部分は保険期間を通じて同額の保険料で保障が継続されます。

更新型

  • 定期保険特約が満期になっても、そのときの健康状態に関係なく、所定の年齢まで自動的に保障が継続(更新)されます。
  • 更新時には、そのときの年齢や保険料率で保険料が再計算されますので、通常は更新前よりも保険料が高くなります。
  • 契約者から申し出がなければ、一般的に自動更新となりますので、更新しない、あるいは減額して更新したいなどの希望がある場合は、更新前に申し出る必要があります。

STEP 3
こんな点もチェック!

【取扱保険金額】

会社により異なりますが、定期保険特約の受け取り方が「年金」の場合、主契約の終身部分について最低100万円・年金額を最低月額5万円から取り扱う会社があります。

【保険料払込期間】

主契約の終身保険部分の保険料払込期間については、一定期間または一定年齢まで払い込む「有期払」と、一生涯払い続ける「終身払」があります。
定期保険特約部分の保険料払込期間は、「全期型」、「更新型」のいずれの場合も特約の保険期間と同一です。

ピッタくんのワンポイントアドバイス

一般的に「終身払」は「有期払」に比べて毎回払い込む保険料が安くなります。ただし、保険料の払込が一生涯にわたることを考慮する必要があります。

【保険料払込方法】

「年払」、「半年払」、「月払」があります。
また、一定期間分をまとめて払い込む「前納」などの取り扱いがあります。

【契約年齢範囲】

新たに契約できる年齢の範囲は会社により異なりますが、下は15歳から取り扱っている会社が、上は75歳程度まで取り扱っている会社があります。

【配当金の種類】

「無配当」「5年ごと利差配当」「毎年配当」の商品があります。
一般的に「無配当」は配当のあるタイプと比べて保険料が割安に設定されています。
一般的に積立配当金はいつでも引き出すことができます。

【解約返戻金】

終身保険の部分については、期間の経過とともに解約返戻金は増えていきます。
定期保険特約の部分については多くの場合解約返戻金はあまりありません。

【特徴のある商品】

  • 終身保険に収入保障特約を付加し、一定期間中の死亡時には一時金と年金を受け取れる商品があります。介護保障が組み込まれた介護収入保障特約を付加した商品もあります。
  • 終身保険の保険料払込期間中の解約返戻金を低く抑えることによって、終身保障をより割安な保険料で確保できる商品もあります。