養老保険とは?

養老保険の概要

  • 保険期間は一定で、その間に死亡した場合、死亡保険金を受け取れます。
  • 生存して満期を迎えると満期保険金を受け取れます。
  • 死亡保険金と満期保険金は同額です。

仕組図のオレンジ色は、将来の保険金の支払いに備えて積み立てられる部分を表しています。

ピッタくんのワンポイントアドバイス

養老保険は貯蓄機能を備えていますが、満期保険金が払い込んだ保険料総額を下回ることがあります。

STEP 1
どんなとき、どんなふうに受け取れる?

保険金・給付金の種類

保険金・給付金の種類は、「 死亡保険金」、「 高度障害保険金」、「 満期保険金」の3つがあります。

3つの保険・給付金

死亡保険金

被保険者が死亡した場合に、保険金を受け取れます。

高度障害保険金

被保険者が会社所定の高度障害状態になった場合、保険金を受け取れます。
高度障害保険金を受け取ると、契約は消滅します。

満期保険金

被保険者が満期時に生存していた場合、保険金を受け取れます。

保険金の受け取り方、受け取り期間等

受け取り方は「一時金」が一般的ですが、会社によっては「年金」での受け取りを選べるものもあります。

STEP 2
いつまで保障される?

保険期間

保険期間のタイプには10年・20年など契約時に定めた一定年数の「年満期」と、一定年齢までの「歳満期」の2つがあります。

2つの保険期間

年満期/歳満期

死亡・高度障害保険金

保険期間を通じて同額の保険料で保障が継続され、満期と同時に契約が消滅するのが一般的です。

STEP 3
こんな点もチェック!

【取扱保険金額】

会社により異なりますが、最低50万円程度から取り扱う会社があります。

【保険料払込期間】

保険料払込期間は、一般的に保険期間と同一です。

【保険料払込方法】

会社によって異なりますが、「一時払」、「年払」、「半年払」、「月払」があります。
また、一定期間分をまとめて払い込む「前納」などの取り扱いがあります。

【契約年齢範囲】

新たに契約できる年齢の範囲は会社により異なりますが、下は0歳から取り扱っている会社が、上は75〜80歳程度まで取り扱っている会社があります。

【配当金の種類】

「無配当」「5年ごと利差配当」「毎年配当」の商品があります。
一般的に「無配当」は配当のあるタイプに比べて保険料が割安に設定されています。
一般的に積立配当金はいつでも引き出すことができます。

【解約返戻金】

解約返戻金は期間の経過とともに増えていきますが、保険料払込総額を下回ることがあります。
保険料を「一時払」した場合でも、経過期間などによっては解約返戻金が払込保険料総額を下回ることがあります。

【特徴のある商品】

  • 「引受基準緩和型養老保険」:既往症などがあっても契約が可能な商品があります。保険料は、通常の養老保険より割高です。契約後、一定期間内に病気により死亡した場合は死亡保険金額が削減されます。
  • 「外貨建養老保険」:米ドル建ての商品があります。外貨と円を換算するときの為替差損等のリスクは契約者が負います。特約を付加することで「保険料を円で払い込む」ことや「保険金を円で受け取る」ことができます。
  • 「更新型養老保険」:保険期間満了時、健康状態に関係なく所定の年齢まで更新することができる商品があります。