生存給付金付定期保険TOPSTEP1 どんなとき、どんなふうにうけとれる?STEP2 いつまで保障される?STEP3 こんな点もチェック!

【取扱保険金額】

会社により異なりますが、最低100万円から取り扱う会社があります。

【保険料払込期間】

保険料払込期間は、一般的に保険期間と同一です。

【保険料払込方法】

会社によって異なりますが、「年払」、「半年払」、「月払」があります。
また、一定期間分をまとめて払い込む「前納」などの取り扱いがあります。

【契約年齢範囲】

新たに契約できる年齢の範囲は会社により異なりますが、下は0歳から取り扱っている会社が、上は70歳程度まで取り扱っている会社があります。

【配当金の種類】

「5年ごと利差配当」、「毎年配当」、「無配当」の商品があります。
一般的に「無配当」は配当のあるタイプと比べて保険料が割安に設定されています。
一般的に積立配当金はいつでも引き出すことができます。

【その他】

  • 生存給付金は毎回受け取らずに据え置くこともでき、その場合は所定の利息がつきます。
  • 受け取る生存給付金の総額は、払込保険料総額を下回ります。
  • 「定期保険特約」がセットされている商品があります。この場合、死亡保障額をある程度準備できる一方、定期保険特約がないものと比べると貯蓄性は低くなります。

生存給付金付定期保険TOPSTEP1 どんなとき、どんなふうにうけとれる?STEP2 いつまで保障される?STEP3 こんな点もチェック!