定期保険:こんな点もチェック!

定期保険TOPSTEP1 どんなとき、どんなふうにうけとれる?STEP2 いつまで保障される?STEP3 こんな点もチェック!

【取扱保険金額】

会社により異なりますが、最低100万円程度から取り扱う会社があります。
「年金(収入保障保険)」の場合、年金額を最低月額5万円とする会社が多くなっています。

ピッタくんのワンポイントアドバイス

【保険料払込期間】

保険料払込期間は、一般的に保険期間と同一です。

【保険料払込方法】

会社によって異なりますが、「年払」、「半年払」、「月払」があります。加えて「一時払」や「一部一時払」を取り扱う会社もあります。
また、一定期間分をまとめて払い込む「前納」などの取り扱いがあります。

【契約年齢範囲】

新たに契約できる年齢の範囲は会社により異なりますが、下は0歳から取り扱っている会社が、上は80〜85歳程度まで取り扱っている会社があります。

【配当金の種類】

「無配当」の商品がほとんどですが、「5年ごと利差配当」や「毎年配当」の商品もあります。
一般的に「無配当」は配当のあるタイプに比べて保険料が割安に設定されています。
一般的に積立配当金はいつでも引き出すことができます。

【解約返戻金】

契約時の年齢や保険期間、解約する時期によっても異なりますが、多くの場合解約返戻金はあまりありません。
解約返戻金の額が通常よりも少ない「低解約返戻金型」や解約返戻金が全く無い「無解約返戻金型」などを取り扱っている会社もあります。
「低解約返戻金型」や「無解約返戻金型」は一般的に保険料が割安となっています。

【特徴のある商品】

  • タバコを吸わない場合に保険料が割安になる商品(非喫煙者料率)があります。
  • 会社が定める健康状態の基準を満たしている場合に保険料が割安になる商品(健康体料率)があります。
  • 非喫煙者料率と健康体料率を組み合わせた取り扱いもあります。
  • 保険期間を1年に設定して1年ごとに更新する商品があります。
  • 年満期の場合の保険期間は、5年、10年、15年、20年など5年刻みで設定されているのが一般的ですが、6年・7年・8年・9年・・・など細かく年数を設定できる商品もあります。
  • 死亡・高度障害状態以外に、所定の障害状態などを保障する商品があります。
  • 契約後、所定の時期に健康状態に関係なく他の保険種類に変更できる商品があります。

定期保険TOPSTEP1 どんなとき、どんなふうにうけとれる?STEP2 いつまで保障される?STEP3 こんな点もチェック!